主力不在でもナポリの最終ラインには“救世主”がいる 評価急上昇中のブラジル人DFとは

今季ナポリで奮闘を見せるJ・ジェズス photo/Getty Images

クリバリ&マノラス不在の穴を埋める守備者

前所属のASローマではなかなか試合に絡めなかった守備者だが、今季加入したナポリで彼は最終ラインの救世主となるのだろうか。今冬、ギリシャ代表DFコスタス・マノラスを失うこととなったイタリアの古豪にて、今後の奮闘に期待のかかる選手がいる。

その選手とは、DFファン・ジェズス(30)だ。昨季まで所属していたローマでは在籍4年間で定位置を奪い切ることができなかった同選手だが、今季の彼は新天地となったナポリで非常に重要な戦力となっている。

開幕こそカリドゥ・クリバリやマノラス、アミル・ラフマニに次ぐ4番手CBという立ち位置だったJ・ジェズス。しかし、昨今の彼はクリバリの負傷やマノラスの移籍よって最終ラインに欠員が出ると、その代役として非常の印象的な活躍を見せている。ここ数年は継続的にスタメン起用されることのなかった選手だが、直近の公式戦4試合では突然の抜擢にもかかわらず安定したパフォーマンスを披露。現地時間21日に行われたACミラン戦(◯1-0)でもチームの完封勝利に貢献し、コンビを組むラフマニと共にナポリ守備陣を支えた。

この調子を継続することさえできれば、J・ジェズスはこれからもナポリの最終ラインで大きな存在感を放つこととなるだろう。クリバリが復帰すれば出番は再び減るかもしれないが、たとえそうなってもただの控えではなく“頼れるバックアッパー”としての地位に収まるはずだ。

「ファン・ジェズスはこれまであまりプレイしていなかったにもかかわらず、素晴らしいプレイを見せてくれているね。彼のような選手がいるからこそ、僕らは良い試合をすることができるんだ」(伊『calciomercato』より)

そんなJ・ジェズスに関しては、チームメイトのFWドリース・メルテンスもこのように語っている。決して鉄板のチョイスではないものの、緊急時にチームを救う存在としてナポリに欠かせぬ戦力となっているブラジル人DF。“頼りになる男”、J・ジェズスのプレイは今後も必見だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ