イングランド代表のMF豪華すぎる問題 《前半戦6ゴール》の2人はW杯メンバーに入るのか

エミール・スミス・ロウはアーセナルの主軸となった photo/Getty Images

嬉しすぎる悩みに代表監督も頭が痛いか

来年のワールドカップ・カタール大会へイングランド代表は誰を連れて行けばいいのだろうか。候補者が多すぎて絞り切れないという特殊な問題が浮上している。

近年は若手の活躍が続いているが、それは今季のプレミアリーグでも変わらない。今注目を集めているのは、アーセナルMFエミール・スミス・ロウ、さらにチェルシーからクリスタル・パレスにレンタル移籍しているMFコナー・ギャラガーだ。

両者はともに2000年生まれの21歳で、イングランド世代別代表でプレイを続けてきた有望株だった。その才能が今季爆発することになり、ここまで2人ともリーグ戦で6得点を記録している。

ギャラガーもプレミアで通用することを証明 photo/Getty Images

フォーデン、マウントら他にも逸材が

今夏のEURO2020では攻撃的なMFとしてマンチェスター・シティのフィル・フォーデン、チェルシーのメイソン・マウントといった選手を招集していたが、今のエミール・スミス・ロウとギャラガーはそこに割って入るだけのパフォーマンスを披露しているのではないか。

チェルシーのマウントも同じ6得点を挙げているため、本当に誰を選ぶべきか悩ましい。エミール・スミス・ロウとギャラガーは今季を代表するブレイク組で、何か成長へのきっかけを掴んだ印象がある。

今のパフォーマンスを維持できるかはまだ分からないが、今の状態であればワールドカップのメンバー候補に挙がってくるだろう。代表監督ガレス・サウスゲイトにとっては嬉しい悩みだ。

すでにエミール・スミス・ロウとギャラガーはA代表デビューを済ませているが、ワールドカップへの切符を掴めるだろうか。アーセナルのブカヨ・サカやマンチェスター・シティのジャック・グリーリッシュを含め、攻撃的MFの選考は何かと議論を呼ぶことになりそうだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.273 プレミア最新勢力図

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ