誰がゴールを決めるのか? 勝ちきれないバルサの大きな課題

アラベス戦で先制点を決める photo/Getty Images

アラベスと引き分けるも

リーガ・エスパニョーラ第11節でバルセロナはアラベスの対戦して1-1と引き分けた。試合はセルヒオ・アグエロが前半にアクシデントで交代となってしまうなど決め手に欠き、バルサが追加点を奪うことができなかった。

この試合で課題として挙げられるのが、決定力不足という点だろう。アグエロを中央にメンフィス・デパイとセルジーニョ・デストの3トップで挑んだバルセロナだったが、アグエロが前半で交代し、フィリペ・コウチーニョが投入。デパイが先制点を決めるも、すぐさま同点にされ、追加点は奪えなかった。

純粋なストライカー不足も否めない。マルティン・ブライスワイトが怪我で離脱しており、ルーク・デ・ヨングもパフォーマンスを発揮しきれていない。メッシが退団したバルセロナで誰がゴールを決めるのか、明確なエースがいないことは、勝ちきれない試合が続く原因となっている。

今節の引き分けで9位となったバルセロナ。依然として上位とは離されている状況だが、どのように打破していくのか。彼らには明確なゴールゲッターが必要だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ