スウェーデン伝説FWの息子をご存知か シュマイケルとの“2世対決”に集まる注目

ロシアの地で奮闘するヨルゲン・ラーション photo/Getty Images

まだ欧州5大リーグではプレイできていないが……

父親ほどのビッグネームとはなっていないが、スウェーデンを代表するレジェンドの息子がフットボールの世界で奮闘しているのをご存知だろうか。

ロシアのスパルタク・モスクワでプレイしている24歳のFWヨルダン・ラーションは、あの元スウェーデン代表FWヘンリク・ラーションの息子なのだ。

ヨルダンはまだスウェーデン代表で7試合プレイしただけだが、スパルタク・モスクワでは昨季もロシア国内リーグで15得点を記録。

さらに今季は先日のヨーロッパリーグのグループステージ第3節レスター・シティ戦で得点を記録。父に追いつけと懸命に頑張っている。

また、そのゲームでレスターのゴールを守っていたのは名手ピーター・シュマイケルの息子であるカスパー・シュマイケルだ。ピーター・シュマイケルとヘンリク・ラーションは同じ時代を戦った間柄で、その子供がヨーロッパリーグの舞台で激突したことは密かに話題を呼んでいる。

ヨルダンは24歳を迎えており、今のままでは欧州5大リーグで活躍するのは厳しいかもしれない。しかしスウェーデン代表には入ってきており、偉大なる父の背中を追う息子をワールドカップ の舞台で見てみたいものだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.263 監督で観る欧州蹴球

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ