無敗優勝アーセナル、ジダン・ユーヴェも CL制覇出来なかった名チームの歴史

プレミアで無敗優勝成し遂げた当時のアーセナル photo/Getty Images

優勝を狙える戦力が揃っていたが……

チャンピオンズリーグは欧州最強のチームを決めるコンペティションだが、常に最強チームが勝つわけではない。

例えば2003-04シーズンにプレミアリーグで無敗優勝を達成していたアーセナルだ。ティエリ・アンリを筆頭に豪華なタレントを抱えていたが、当時は準々決勝でチェルシーに敗北。延長戦へもつれ込むかと思われた87分にチェルシーDFウェイン・ブリッジにゴールを許したのはサポーターもショックが大きかっただろう。

当時ベスト4に残ったのはモナコ、FCポルト、チェルシー、デポルティーボの4チーム。最終的に優勝したのはジョゼ・モウリーニョ率いるポルトだったが、この顔ぶれならばアーセナルが優勝出来たかもしれない。それだけにベスト4へ進めなかったのは残念だった。

続く2004-05シーズン、2005-06シーズンはモウリーニョがチェルシーを指揮し、プレミアを連覇。ディディエ・ドログバ、クロード・マケレレ、フランク・ランパード、ジョン・テリーを擁するなどこちらも隙のないチームだったが、こちらもチャンピオンズリーグは制覇できなかった。

2004-05シーズンは、決勝でイスタンブールの奇跡を起こしたリヴァプールに準決勝で敗れてしまった。FWルイス・ガルシアのスーパーゴールが決まるあたり、当時はリヴァプールに特別な運があったか。

次の2005-06シーズンはベスト16でバルセロナに敗れ、そのバルセロナが頂点に立った。どちらのシーズンも優勝クラブに敗れることになり、チェルシーのサポーターも結果を嘆いたはずだ。

1990年代のユーヴェもタレント軍団 photo/Getty Images

ファイナルで敗れた例も多く

イタリアからはユヴェントスだ。ユヴェントスは21世紀に入ってから2度ファイナルまで進んだが、どちらも落としてしまったことが記憶に新しい。

ユヴェントスの場合は1995-96シーズンに大会を制しているのだが、惜しかったのは連覇できなかったところにある。

次のシーズンにはジネディーヌ・ジダン、アレン・ボグシッチ、クリスティアン・ヴィエリ、パオロ・モンテーロらスターを迎え、2大会続けてファイナルに進出。他にもディディエ・デシャン、アレッサンドロ・デル・ピエロもいた。連覇を夢見たファンもいたはずだ。

しかし、1996-97シーズンはファイナルでドルトムントに敗北。さらに次のシーズンもファイナルに進んだのだが、FWフィリッポ・インザーギ、MFエドガー・ダービッツも加えながら今度はファイナルでレアル・マドリードに敗北。

次の1998-99シーズンは準決勝でマンチェスター・ユナイテッドに敗れており、英『FourFourTwo』もセリエA最強時代にあって悔やまれる結果と振り返っている。それこそ当時のユヴェントスは3連覇も狙えたかもしれないチームだったのだ。

ちなみに1998-99シーズンはインテルも準々決勝でマンUに敗れているのだが、当時のインテルには怪物ロナウドがいた。結局ロナウドはチャンピオンズリーグを獲得できないままキャリアを終えており、全盛期に近かったインテルで制覇できなかったのは残念だったか。

その後リヴァプールとチェルシー、インテルは優勝を経験したが、アーセナルとユヴェントスは21世紀に入ってからも優勝出来ていないままだ。

アーセナルは2005-06シーズンにもファイナルへ進んだが、バルセロナに敗れてしまった。ティエリ・アンリがいた時代に優勝出来なかったことの後悔は大きいだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.263 監督で観る欧州蹴球

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ