アーノルド、ウォーカーも届かない “プレミア史上最高”のサイドバックは誰だ

チェルシーで活躍したアシュリー・コール photo/Getty Images

攻守両面で伝説のレフティー

リヴァプールのトレント・アレクサンダー・アーノルド、アンドリュー・ロバートソン、マンチェスター・シティのカイル・ウォーカー、EURO2020で評価を上げたマンチェスター・ユナイテッドのルーク・ショーなど、今のプレミアリーグには優秀なサイドバックが揃っている。

最近は攻撃力の高いサイドバックが増えており、リヴァプールのコンビのようにアシスト面でチームに貢献する者も多い。彼らはプレミアの歴史に名を残すサイドバックと言っても大袈裟ではないはずだ。

A・アーノルドも高評価 photo/Getty Images

アシュリー・コールを超える者は現れるか

しかし、まだプレミア史上No.1には届かないか。かつてマンCでプレイしたDFマイカ・リチャーズ、元イングランド代表FWアラン・シアラー氏の両名は、プレミア歴代最高サイドバックは誰かとの問いに対し、アーセナルとチェルシーで活躍した元イングランド代表DFアシュリー・コールの名前を挙げている(『BBC』より)。

アシュリー・コールはチェルシーでチャンピオンズリーグ制覇も経験した左サイドバックで、攻守両方の能力が高い選手だった。スピードに乗った攻撃参加はもちろん、1対1の守備も強い。サイズこそなかったが、アシュリー・コールはイングランド史上最高のレフトバックと言っていいだろう。

ちなみにリチャーズ氏は3位に現リヴァプールのA・アーノルド、2位に元マンUのガリー・ネビルをチョイス。シアラー氏は3位にアーノルド、2位に元マンUのデニス・アーウィンを選んでいる。両名ともアーノルドを3位に選んでいるところは同じで、評価は極めて高い。

しかし両名ともアシュリー・コールが1位との評価に変わりはなく、A・アーノルドやロバートソン、ウォーカーもまだアシュリー・コールは越えられないか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.263 監督で観る欧州蹴球

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ