“BOM”がダメでもドウグラスがいる! 底力見せた神戸がACLへ大きな1勝

決勝点のドウグラス photo/Getty Images

福岡に1-0で勝利した

ヴィッセル神戸はアビスパ福岡と対戦して1-0と勝利した。AFCチャンピオンズリーグ出場権獲得へ負けられない一戦で勝負を決めたのは、途中出場のドウグラスだった。

前節浦和レッズとの上位対決で圧勝し、混戦から一歩抜け出した神戸。そのまま突き進むために勝ち点3が欲しい一戦だったが、ゴールを決められないまま終盤を迎える。

そして86分に途中出場のドウグラスがクロスを頭で合わせて値千金のゴールを決めて見せた。喉から手が出るほど欲しかった1点を決め、最後まで守り抜いた神戸が貴重な勝ち点3を手にする。

今季の神戸は夏にFWを3人獲得するなど、大型補強を行う。その中で藤本憲明が清水エスパルスへ移籍するなど、既存の選手たちの放出も致し方ない状況であった。

そんな中でドウグラスもここ最近出場機会を減らし、悔しい思いをしていただろう。そんなストライカーの思いを込めた一撃が神戸に大きな勝利をもたらしたのだ。

武藤嘉紀やボージャン・クルキッチの代わりにドウグラスが途中出場で結果を残したのは、チームにとっても大きな影響をもたらすだろう。神戸の底力を見せた1勝となった。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.263 監督で観る欧州蹴球

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ