決定機阻止で勝ち点をゲット リーグトップの成績を誇るG大阪の絶対的守護神

決定機を阻止した東口 photo/Getty Images

東口のセーブで1失点に抑える

ガンバ大阪は敵地で浦和レッズと対戦して1-1のドローで決着した。再三のピンチを迎えるも、守護神の東口順昭の好守に助けられ、勝ち点1をもぎ取った。

前半からボールを支配されて劣勢に立たされるG大阪。終盤にはミドルシュートも増え、何度も決定機を作られる。しかし東口は動じず、自身の武器であるセービングで何本も止め続けた。

この試合で4本のセーブを見せた東口。どれも決定的なシュートばかりで、1つでも決まっていたら北海道コンサドーレ札幌戦のように大敗もあったかもしれない。それでも守備陣が崩れずに守り抜いたのは、安定した守護神の存在が大きかった。

また東口は1試合平均のセーブ数も「3.5」を記録してリーグトップの成績を誇っている。ピンチにも安定した守備を見せられる東口の存在は、低迷するチームにおいても安定感をもたらしている。チームのJ1残留に向けて彼の活躍が必要不可欠だ(データは『SofaScore』より)。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.263 監督で観る欧州蹴球

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ