4年前は久保裕也、井手口がいた 今の日本代表に“救世主”は出てくるか

4年前の最終予選で輝いた井手口 photo/Getty Images

オーストラリア戦では田中碧がチームを救った

2018年のワールドカップ・ロシア大会出場を懸けたアジア最終予選も、今思えば苦難の連続だった。

当時もヴァイッド・ハリルホジッチ前監督の手腕を疑う声があり、攻撃にエンターテインメント性が感じられないチームだった。

本田圭佑、香川真司、岡崎慎司らの世代もベテランの領域に入り始めていたが、新陳代謝もそこまで上手く進んでいなかった。最終予選の初戦ではUAEに敗れてしまい、黒星スタートだったところも今回と同じだ。

だが、当時のハリルジャパンでは何人か救世主が誕生した。今回のオーストラリア戦で活躍したFW浅野拓磨もその1人で、当時のハリルホジッチの思い切った起用は当たった。

オーストラリア戦では田中碧が躍動 photo/Getty Images

最終予選で苦しんでいるのは前回と同じ

さらにUAEとの2戦目、タイ戦で得点を記録したFW久保裕也も救世主だった。現在代表から離れているのは残念だが、久保の登場に日本の未来を見たサポーターもいたはず。

そして予選突破を決めるオーストラリア戦にて豪快なミドルシュートを決めたMF井手口陽介だ。運動量も豊富な井手口はハリルホジッチの目に留まり、オーストラリア戦にてスタメンを確保。最終的にはこの起用が当たった。

苦しい最終予選を総合力で突破し、監督交代のトラブルもありながらもワールドカップ・ベスト16入りを果たしたのが前回大会だった。

今回も最終予選は苦しい。救世主の登場に期待したいところで、その1人目が先日のオーストラリア戦にて先制点を決めたMF田中碧となるのだろう。得点を量産するような選手ではないが、オーストラリア戦では南野拓実のクロスが相手に当たって良い具合に田中の前に転がってきた。シュートは見事だったが、多少の運も絡んでいたと言える。

最終予選では特別な運を持っている選手も必要で、今後も1試合ごとにヒーローが欲しい。東京五輪世代からの突き上げに期待したいところだが、今回の最終予選で田中に続く者は現れるのか。カタール大会以降の4年間を考えても、若い選手の台頭に期待がかかる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.263 監督で観る欧州蹴球

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ