サムライブルーを支える中盤の心臓たち 森保一が見つけた最適解

中盤3枚の一角として躍動した田中碧 photo/Getty Images

今後もこの並びで試合に臨むか

12日に行われたワールドカップ・カタール大会に向けたアジア最終予選。日本代表は3戦目のサウジアラビアに完敗。1勝2敗と早くも窮地に立たされており、オーストラリア戦での勝利は必須となっていた。

このような厳しい状況で迎えたホームのオーストラリア戦だが、途中交代の浅野拓磨が決勝点となるOGを誘発し、2-1で勝利。首位オーストラリアから貴重な勝ち点3を獲得している。これで日本は暫定だが、3位に浮上し上位との勝ち点差を縮めることに成功した。

大きな白星を挙げたこの試合だが、以前までの[4-2-3-1]と違い中盤に3人を並べる[4-3-3]で試合に臨んでおり、結果的にこの起用は大当たりとなった。

インサイドハーフに起用された田中碧と守田英正は豊富なスタミナを武器に要所で顔を出しており、大きな貢献を見せた。攻撃時は正確なパスで好機を演出しつつ、自身も前線へ飛び込むことができ、攻撃に厚みを出している。守備では切り替えの速さを生かし、中盤を制圧しており、まさに心臓としてチームを支えていた。

アンカーの遠藤は前述した2人よりも低い位置でのプレイとなったが、守備でのねらい目を見つければ素早いプレスからボールを奪っており、ショートカウンターの起点となっている。

また、この3人はインサイドハーフ、アンカーと両方のポジションをこなすことができ、臨機応変に対応できる点が強みか。この形は初めてだが、今後数を重ねればより強力な3枚となるだろう。

崖っぷちの状況から見つけ出したサムライブルーの最適解。次回のベトナム戦、オマーン戦ではこの並びで試合に臨むことが予想でき、より連携の深まった日本代表に期待したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.262 プレミア新BIG4時代

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ