右サイドで相手を苦しめ続けた伊東純也 スピードとポジショニングで豪州DFを翻弄

酒井とのコンビで右サイドを制圧 photo/Getty Images

右ウイングで先発した伊東

日本代表はオーストラリアと対戦して2-1で勝利した。サウジアラビアに敗戦し後がなくなった日本が大きな1勝を手にした。

サウジアラビア戦で出場停止となっていた伊東純也だが、この試合で右ウイングで躍動する。前半から高い位置を取る右SBの酒井宏樹とともに積極的に仕掛けて攻撃にリズムを作る。

持ち味であるスピードを活かした縦への突破はもちろんのこと、中央気味にポジショニングを取ることで酒井が上がるスペースを生み出す。日本の前を向いてボールを運ぶことができたのは、伊東の献身的なプレイによるものが大きいだろう。

先制点となった田中碧のゴールシーンでは、左サイドの南野拓実がボールを持つと中央へ絞って近くで受けようとした。伊東が空けた右サイドを田中が突いてゴールを奪うという形を生み出した。

積極的なプレッシングからボールを奪ってカウンターを仕掛けるなど、日本にとってなくてはならない存在へと成長している伊東。W杯出場に向けて彼の活躍が重要となってくるのではないか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.262 プレミア新BIG4時代

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ