会心の一撃を決めた田中碧 新システムで躍動しチームの中心となるか

貴重なゴールを決めた田中 photo/Getty Images

先制となるゴールを決める

日本代表はFIFAワールドカップのアジア最終予選でオーストラリアと戦い、2-1で勝利した。この試合で先制ゴールを決めた田中碧は、日本の新たな戦術で攻守に躍動した。

わずか8分でゴールネットを揺らした田中。左サイドからのボールを受けると、すぐさま前を向いてシュートを放つ。ポスト左隅に決まり、開始早々から欲しかった先制点を決めてみせた。

攻撃時には前線へと顔を出した田中だが、ポゼッション時には最終ラインでボール回しに参加。両SBが高いポジションを取れるようにインサイドハーフに入った守田英正とバランスを取る。

逆SBがオーバーラップするタイミングでインサイドハーフの選手が前線へと攻撃参加をすることで、オーストラリアの守備陣のマークを撹乱。田中がタイミングよく前線へ駆けあがり、得点を決めるまでの結果を残していった。

森保一監督のオーストラリアに向けたシステム変更がはまった今試合。それには田中の存在が大きく影響したと言っても過言ではない。バランスだけでなく得点も奪ってしまう日本の新たなレジスタが、逆転でのW杯進出へ導いてくれるキーマンかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.262 プレミア新BIG4時代

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ