バルサ期待の新星も指揮官の構想外に 出場機会減少の22歳の今季は

PSMでは結果を残したリキ・プッチだったが photo/Getty Images

クーマン監督の構想外となるリキ・プッチ

リオネル・メッシの退団とともに世代交代を進めるバルセロナ。そんな中で将来を期待されながら、出場機会に恵まれない22歳のプレイヤーがリキ・プッチだ。

バルサのアカデミー出身のMFは、2018-19シーズンにトップチームに帯同。同年にリーガ・エスパニョーラデビューも果たした。翌シーズンは終盤にレギュラーを掴み取るも、キケ・セティエン監督の解任とともに出場機会が減少。ロナルド・クーマン監督の下では構想外となっている。

169cmで華奢な体躯ながら、足元の技術や正確無比なパスを供給する司令塔だ。ロナルド・クーマン監督のスタイルでも2列目として大きな戦力となるはずだが、彼のプレイしている姿を見る機会は少ない。

ただバルセロナで中心となっているペドリと比較すると、フィジカル面でまだまだ厳しいものがある。成長を続けるペドリよりも線が細く、さらに筋力を付ける必要があるだろう。技術面では光るものを見せるリキ・プッチ。カンテラでも高い評価を得ていた新星は、大きな壁に当たっている。

スペイン紙『MARCA』ではクーマン監督がリキ・プッチについて「まだまだ彼自身の弱みを改善する必要がある」とコメント。他の若い選手と比較し「彼らと同じように一生懸命成長しなければならない」と厳しい言葉を口にした。今後クーマン監督が選出したメンバーリストに彼の名前が載ることはあるだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.262 プレミア新BIG4時代

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ