板倉滉の出場可否が鍵? 勢いに乗りたいシャルケが迎える重要な一戦

今夏にシャルケへレンタル加入した板倉 photo/Getty Images

日本代表を負傷離脱していたが……

30年ぶりの2部リーグ降格を味わった昨季の汚名を返上すべく、1年での1部リーグ復帰を目指すドイツの名門シャルケ。開幕戦から5試合消化して2勝1分2敗と、スタートは決して良くない。

そんな中で迎える第6節パーダーボルン戦。相手は開幕戦から無敗をキープし、2位につけている好調クラブだ。特に攻撃陣の調子が良く、現在3試合連続で3点以上を奪っており、ここまでリーグ最多タイの12ゴールを記録している。一方でシャルケは、攻撃陣はまずまず結果を残してはいるものの、1シーズンで86失点という屈辱を味わった昨季と同様に、今季も守備の不安定さを露呈する試合が何度かある。この試合では、いかにして失点を抑えるかが勝敗を大きく左右するに違いない。シャルケとしてはこの重要な一戦で好調な相手を撃破し、勢いをつけたいところ。

そこでキーとなりそうなのが、今夏にシャルケへレンタル加入した日本代表DF板倉滉の出場可否だ。移籍後初先発を飾った前節のデュッセルドルフ戦では3バックのセンターに入ると、冷静な状況判断や守備範囲の広さなどで存在感を発揮。2万5000人のファンが見守る中、これまでチームが露呈してきた守備面での不安を拭い去るようなプレイを披露し、チームを勝利へと導いてみせた。86分にピッチを退く際、ファンから大きな拍手が送られたことから見ても、この一戦での出来の良さと今後への期待の大きさがわかる。失点を抑えたいパーダーボルン戦でも、必要なピースであることは間違いないだろう。

しかし、そんな板倉は今回の代表活動中に負傷し、日本代表から途中離脱。大事には至らなかったようだが、今季初の連勝を目指す重要なパーダーボルン戦を欠場するのではないかと噂されている。ただ、チームの指揮官を務めるディミトリオス・グラモジス監督が、試合に先立って行われた会見で次のようなコメントを残していた。(シャルケのオフィシャルサイトより)

「彼はすでにトレーニングを再開している。全てがうまくいけば、コウは試合(パーダーボルン戦)の選択肢に入るだろう」

はたして、板倉はパーダーボルンとの一戦でピッチに立つことができるのか。シーズンはまだ始まったばかりということもあり、無理はしてほしくないが、ピッチに立つことができればシャルケにとっては心強い存在となるだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.262 プレミア新BIG4時代

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ