酒井宏樹離脱の穴を埋めた“後輩” チームトップのデュエル勝利数で中国撃破に貢献

ハノーファーでプレイする室屋 photo/Getty Images

室屋が右SBのスタメンに

中国戦を前に日本代表は酒井宏樹の離脱を発表していた。東京オリンピックを戦った酒井は、短期間で新加入した浦和レッズに合流し、J1でも高いパフォーマンスを披露。さらに代表招集と休みなしでフル稼働していたからだ。

そんな酒井の代わりに中国戦で右SBを務めたのが室屋成だ。ブンデスリーガで成長を続けるDFは、中国戦で攻守においてチームに貢献した。

中国は前半から5バックがかなり低い位置まで下がって守備をしていたことで、左サイドや中央でボールを保持すると必ず室屋がフリーでパスを受けることができた。そこに室屋は何度も顔を出し攻撃に参加。伊東純也とのコンビで右サイドを何度も崩した。

また酒井にも負けない“強さ”を見せた室屋。デュエル勝利数ではチームトップの「6」を記録した。後半はブラジルから帰化したアタッカーとの対戦となったが、臆することなく勝負を挑み、無失点でチームの勝利に貢献した(データは『SofaScore』より)。

ブンデスリーガ2部で半年間培った強さはここで活かされたことだろう。酒井も室屋と同じくハノーファーで経験を積んで、欧州トップレベルの選手へと成長した。今試合ではそんな“ハノーファーの後輩”である室屋が酒井の穴を埋めた形となった。酒井と同じように室屋もドイツで大きく成長し、その経験を日本代表へと還元してくれることだろう。中国戦を前に日本代表は酒井宏樹の離脱を発表していた。東京オリンピックを戦った酒井は、短期間で新加入した浦和レッズに合流し、J1でも高いパフォーマンスを披露。さらに代表招集と休みなしでフル稼働していたからだ。

そんな酒井の代わりに中国戦で右SBを務めたのが室屋成だ。ブンデスリーガで成長を続けるDFは、中国戦で攻守においてチームに貢献した。

中国は前半から5バックがかなり低い位置まで下がって守備をしていたことで、左サイドや中央でボールを保持すると必ず室屋がフリーでパスを受けることができた。そこに室屋は何度も顔を出し攻撃に参加。伊東純也とのコンビで右サイドを何度も崩した。

また酒井にも負けない“強さ”を見せた室屋。デュエル勝利数ではチームトップの「6」を記録した。後半はブラジルから帰化したアタッカーとの対戦となったが、臆することなく勝負を挑み、無失点でチームの勝利に貢献した(データは『SofaScore』より)。

ブンデスリーガ2部で半年間培った強さはここで活かされたことだろう。酒井も室屋と同じくハノーファーで経験を積んで、欧州トップレベルの選手へと成長した。今試合ではそんな“ハノーファーの後輩”である室屋が酒井の穴を埋めた形となった。酒井と同じように室屋もドイツで大きく成長し、その経験を日本代表へと還元してくれることだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.261 PSGは最強になれるのか

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ