「南野はリヴァプールの基準ではない」 森保ジャパンの主力はビッグクラブで輝けないのか

リヴァプールでもがく南野 photo/Getty Images

サポーターからは厳しい指摘も

日本代表FW南野拓実の2021-22シーズンはどうなるのだろうか。

南野は昨年冬にザルツブルクからリヴァプールへ念願のステップアップを果たしたが、加入1年目は想像以上の苦戦を強いられた。プレミアリーグと世界を代表する名門リヴァプールではポジションを掴めず、レンタル移籍したサウサンプトンでも特別なパフォーマンスは見せられなかった。

現在リヴァプールは新シーズンへ向けてプレシーズンマッチをこなしているのだが、そこでも南野の評価は伸びてこない。先日にはFCヴァッカー・インスブルックとプレシーズンマッチを戦ったものの、英『Daily Star』によればリヴァプールサポーターから南野に厳しい指摘が飛んでいるという。

「南野はリヴァプールの基準ではない」

「南野の将来がここにあると思うなら、その感覚はおかしい」

「16歳のカイデ・ゴードンの方が南野より良いパフォーマンスだった」

気になるのは、ワールドカップ・カタール大会が来年に迫っていることだ。南野は日本代表攻撃陣の中心メンバーであり、森保ジャパン発足以降は常に主力だった。ワールドカップへ良いイメージで臨む必要があり、所属クラブで苦戦したままワールドカップへ向かうシナリオだけは避けたい。

そのうえで今夏の動きは極めて重要だが、南野の未来はどこにあるのか。欧州5大リーグの1つであるプレミア挑戦は大きなステップアップだったが、試合勘を失ってしまうのは怖い。ビッグクラブであるリヴァプールで活躍する姿も見たいが、現時点ではリヴァプールで生き残るのは厳しいか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.261 PSGは最強になれるのか

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ