アウベス、ペドリらと並ぶ五輪のスター 日本の“最重要選手”は冨安健洋で間違いなし

東京五輪世代最強のDF冨安健洋 photo/Getty Images

世代でもトップレベルの実力者

東京五輪に挑むU-24日本代表が金メダルを獲得するためのカギはどこにあるのか。

やはり守備だろう。先日はU-24スペイン代表と1-1で引き分けたが、相手に押し込まれる時間の方が長かった。パスの精度、攻撃の組み立てなど技術はスペインの方が明らかに上で、彼らのようなレベルのチームに勝つには何とか守備陣が耐えるしかない。

酒井宏樹、遠藤航、吉田麻也のオーバーエイジ3人組はもちろんだが、何より期待できるのはDF冨安健洋の存在だ。1対1の守備はもちろん、最終ラインからボールを持ち運ぶ技術も備えている。これほどのセンターバックが東京五輪世代にいるのは非常に心強い。

世界的な評価も高く、英『Planet Football』は「東京五輪注目の7選手」に冨安の名を挙げている。他にはスペイン代表MFペドリ、ブラジル代表DFダニエウ・アウベス、フランス代表FWアンドレ・ピエール・ジニャック、コートジボワール代表FWアマド・トラオレ、ニュージーランド代表FWクリス・ウッド、アルゼンチン代表MFアレクシス・マック・アリスターが挙げられており、冨安も今大会のブレイク候補の1人というわけだ。

現段階ではスペイン、ブラジルが優勝候補として一歩先を行っている印象で、両チームとも欧州トップクラブで活躍する実力者を揃えている。日本が対戦する場合は守りの時間が長くなるはずで、そこを無失点で乗り切らないことにはファイナルまで進めないだろう。最終ラインの防波堤として冨安には期待がかかるが、この世代でもトップレベルのセンターバックだと証明できるのか。東京五輪でさらに評価を高めてほしいところだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ