5年と258日ぶりの一撃 ベンゼマはフランス代表をEURO制覇へ導くか

フランス代表に戻ってきたベンゼマ photo/Getty Images

フランスに欠けていた数少ないパーツ

2018年のワールドカップ・ロシア大会を制した時、フランス代表ではアントワーヌ・グリーズマンとキリアン・ムバッペが得点源になっていた。

最前線に構えるオリヴィエ・ジルーには大会を通してゴールが生まれなかったのだが、それでもジルーは代表で絶対の信頼を受けてきた。得点を奪えずとも、ポストプレイで大いに貢献しているとの評価だったからだ。

それは今回EURO2020に参戦されたカリム・ベンゼマも同じで、グループステージ2戦目を終えた時点でフランス代表監督ディディエ・デシャンは「彼は重い負担を背負っている。3年前のジルーと同じだ。最も重要なことは、私が彼を信じていること。チーム全体もそうだ。ストライカーは得点を決めたかどうかで判断されるからね」とフォローしていた。

得点がなくともベンゼマが一流のFWであることはレアル・マドリードで十分に証明されていることだが、ベンゼマはついにグループ最終戦となったポルトガル戦で爆発。PKを含む2得点を記録し、決勝トーナメントへの切符を手繰り寄せた。

ベンゼマがフランス代表で得点を決めるのは実に5年と258日ぶりのことだ。長らく代表を離れていたこともあり、ベンゼマもプレッシャーを感じていたはず。それもこの2得点で少し解消されたのではないか。得点がなくとも一流だが、フランスにとって得点を奪える本格的なセンターフォワードは唯一不足しているポジションだった。そのパーツはベンゼマで埋まりつつある。

ポルトガル戦は2-2の引き分けだったものの、ベンゼマに当たりが出た状態で決勝トーナメントへ臨めるのは大きい。まだムバッペ に得点が生まれていないのは気がかりだが、決勝トーナメントでもグリーズマン、ベンゼマ、ムバッペ の3トップは相手の脅威であり続けるだろう。

ジルーに代わる1番手FWとして招集されたベンゼマがフランスにEUROのタイトルをもたらすのか。決勝トーナメントでもフランス1番の注目ポイントだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ