大会得点王となれば前人未到の大記録 EUROで数々の歴史に名を刻むC・ロナウド

C・ロナウドは得点王になれるか photo/Getty Images

現在5ゴールを決めてトップを走る

UEFA EURO2020のグループFでポルトガル代表とフランス代表が対戦。上位でのグループ通過を決めたい両国の一戦は、クリスティアーノ・ロナウドとカリム・ベンゼマが2ゴールずつ決め、2-2のドローで決着した。

C・ロナウドは、この試合の2ゴールで3試合連続ゴールとなり、最多記録を更新中の大会通算得点を14に伸ばす。また代表通算得点数を109とし、元イラン代表FWアリ・ダエイ氏の持つ世界記録に並んだ。

EUROの歴史を刻んでいくC・ロナウドがもう1つ新たな記録を達成するかもしれない。現在5ゴールを決め、得点ランキングトップに立っている。このままゴールを続けて得点王に輝くと、EURO2012以来の得点王獲得になる。

1960年から続くEUROにおいて複数大会でトップスコアラーとなった選手は過去にいない。C・ロナウドが更新する前に大会最多得点者だったミシェル・プラティニも得点王になったのは一度だけ。もしこのままトップのままフィニッシュすることになれば、前人未到の新たな記録を作り出すことになる。

そのためにはポルトガル代表が1つでも多く試合を行うことだろう。次戦は決勝トーナメント1回戦でベルギー代表と対戦。C・ロナウドはここでゴールを決めれば、4試合連続弾となり、彼の伝説はまだまだ続いていくこととなるだろう。C・ロナウドのゴールでベルギー戦に勝つことができれば、彼のEUROでの2回目の得点王も近づくことだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ