ブンデスで驚異の“ドリブル成功数6位” 日本のレフティーモンスター驚異の成長

アルミニア・ビーレフェルトで結果を出した堂安 photo/Getty Images

マインツがレンタルでの獲得に興味と報じられる

シュツットガルトMF遠藤航、フランクフルトMF鎌田大地と比較すれば少しばかり地味だったが、東京五輪世代のエースである日本代表MF堂安律も今季ブンデスリーガで充実のシーズンを過ごした選手の1人だ。

オランダのPSVからアルミニア・ビーレフェルトにレンタル移籍すると、一躍チームの主役に。アルミニアの攻撃は堂安頼みとなり、堂安もPSV時代とは別人のような輝きを見せてくれた。

今後の成長へベストな選択肢があるとすれば、やはりブンデスリーガでのプレイ継続だろう。

今季堂安はブンデスリーガにて全体6位となる62回ものドリブルを成功させている。堂安より成功数が多かったのはシャルケMFアミーヌ・アリ(90回)、ヘルタ・ベルリンFWマテウス・クーニャ(82回)、ドルトムントFWジェイドン・サンチョ(77回)、レヴァークーゼンFWレオン・ベイリー(74回)、バイエルンDFアルフォンソ・デイビス(63回)の5人のみとなっており、堂安にはブンデスリーガの環境が合っていたのだろう。攻撃性を存分に発揮することが出来ていた。

残念ながらアルミニアへ完全移籍する話は消えたが、独『Allgemeine Zeitung』は同じブンデスリーガのマインツが堂安をレンタルで獲得することに関心を示していると伝えている。

所属元のPSVも堂安をレンタルで手放す考えのようで、ブンデスリーガでプレイ出来るならば悪い話ではない。すでにアルミニアで実力は証明しているため、マインツにとっても計算しやすいだろう。

堂安はアルミニアでのプレイから調子を取り戻し、U-24日本代表でも印象的なパフォーマンスを見せている。PSVでポジション争いに敗れた際には代表での立ち位置も怪しいものとなっていたが、今はその心配もない。

A代表でもリーダーとなれるだけのポテンシャルを備えているだけに今後の成長が楽しみだが、ブンデスリーガでプレイを続けることになるのか。新シーズンも積極的に仕掛ける堂安の姿に期待だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ