彼こそ“現アジアNo.1”ストライカー ミランも注目する超アジア級の点取り屋

ゼニトで得点力は十分に証明した photo/Getty Images

クラブでも代表でも得点ペースは圧巻

アジアのストライカーは決定力不足を指摘されることも多く、世界で通用するセンターフォワードは限られている。日本も世界で活躍する2列目のタレントは増えているものの、最前線で戦えるプレイヤーはまだまだ少ない。

ならば、現段階でアジア最高のストライカーは誰になるのか。海外での成績を考慮すると、ロシアの名門ゼニトでプレイするイラン代表FWサルダル・アズムンが筆頭候補だろう。

今季もアズムンはゼニトでリーグ戦24試合に出場し、19得点と圧巻の成績を残している。ゼニトでの通算成績は83戦52得点19アシスト、イラン代表の方でも56戦36得点4アシストと圧倒的だ。186cmとサイズもあり、アジアの中では頭一つ抜けた実力者と言える。

現在はミランが興味を示していると言われており、欧州5大リーグにチャレンジする日もそう遠くはないかもしれない。その得点力と体の強さはある程度通用するはずで、5大リーグでも活躍できればアジアNo.1ストライカーの称号も確かなものとなるだろう。

イラン代表の方は2022年のワールドカップ・カタール大会へ向けたアジア2次予選でまさかの苦戦を強いられていたが、7日にはバーレーン代表をアズムンの2得点で撃破。11日にはカンボジア代表を10-0のスコアで下しており、15日に行われるグループ最終節のイラク代表戦に勝利すれば首位を奪取できる。

アズムンにとっては欧州5大リーグにチャレンジし、イラン代表でもカタール大会で成功を収めることが直近の目標だろう。高さ、パワー、得点力。今のところアズムンを上回るアジアのストライカーは見当たらないか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ