ドイツに出現する未来の守護神候補 “GK大国”に新たな才能また1人

U-21ドイツ代表の正守護神として活躍するダーメン photo/Getty Images

U-21欧州選手権で躍動中

マヌエル・ノイアー(バイエルン・ミュンヘン)、マルク・アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)、ベルント・レノ(アーセナル)、ケビン・トラップ(フランクフルト)らを筆頭に、優秀なGKが揃うドイツ代表。“GK大国”などと称されることもあり、同国出身の選手には頼れる守護神が数多くいる。テア・シュテーゲンが不参加とはなったものの、今夏開催のEURO2020でもマンシャフトがこのポジションで困ることはないだろう。

そんななか、またドイツに楽しみな若手守護神が出現している。その名はフィン・ダーメン。マインツに所属する23歳だ。今季ブンデスリーガでは3試合の出場にとどまったものの、その将来に期待する人はドイツ国内にも少なくない。先日は独『SportBuzzer』も、「マインツではベンチを温める機会も多かったが、間違いなく代表の将来を担っていく選手」とダーメンのポテンシャルを高く評価している。

ドイツ期待の新鋭守護神であるダーメン。そんな彼は現在開催されているU-21欧州選手権でも、その才能の片鱗を見せつけている。同大会ではここまでドイツがこなした全試合でゴールマウスを守っている同選手。グループステージではハンガリーやオランダ、ルーマニアといったチームと同居するも、ダーメンがこの3試合で喫した失点はわずか「1」。堅い守備陣の中心として、若き守護神はドイツを決勝トーナメント進出に導いている。

さらに、現地時間31日に行われた準々決勝のデンマーク戦ではヒーローに。この試合は両者譲らず2-2でPK戦に突入したものの、ダーメンはそのなかで2本のシュートをストップ。見事ドイツの準決勝進出に貢献を果たすこととなった。そのプレイぶりには、独『Sport 1』も「ドイツ勝利の立役者はこの守護神だった。2失点こそしたが、果敢にカウンターを繰り出してくるデンマークの攻撃に冷静に対処。そしてPK戦での2回のセーブは素晴らしかった」との称賛を送っている。

まだ所属クラブで定位置奪取とはいかないものの、U-21欧州選手権ではその実力の高さを証明しているダーメン。まだそれほど知名度のある選手ではないものの、彼がA代表の守護神を務める日もそう遠くはないのか。またドイツに出現する才能豊かなGK。マインツ所属の23歳が、将来的にノイアー級のシュートストッパーとなればおもしろい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.258 王者達をプレイバック

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ