話題の「欧州スーパーリーグ」 CL、ELの価値はどうなるのか

欧州スーパーリーグの会長となったフロレンティーノ・ペレス氏 photo/Getty Images

既に来季の話をしているが、選手たちはまだ今季を戦っている

2020-21シーズンも終盤に差し掛かっており、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグといった欧州でのコンペティションではベスト4が出揃った。各国でもカップ戦やリーグ戦が大詰めとなっており、優勝争い、降格圏争いといった毎年恒例の行事が今年も起きている。

しかし、そんなファンの気も知らずに、先日「欧州スーパーリーグ」の話が上がってきた。内容としてはレアル・マドリード、マンチェスター・シティといった各国の上位チームが「スーパーリーグ」といった新しいリーグに参加して勝者を決めるというもの。定期的に欧州トップクラスのチームの試合が見られるようになり、今より面白くなる可能性はあるが、スーパーリーグに参加する創設15クラブは現行のCLやELに出ることは無くなってしまう。

この案に対し、各国リーグや著名人、監督など多くの人物が反対意見を発信しており、今後がどうなるかはまだ決定していない。

ここで気になるのはCLやELの価値だ。前述した通りになるのであれば、欧州でのコンペティションは今まで通りの価値は無くなると考えられる。また、それは今季にも言えることとなる。月末にはベスト4の1stレグが開催されるが、今まで通りに白熱した戦いになるのだろうか。どこか冷めた試合にならないだろうか。選手個人が「欧州スーパーリーグ」に反対の意思を示している選手もいる。

また、これには欧州各国の上位争いにも関係してくる。プレミアリーグであれば、上位4チームにCLの出場権が与えられることになっているが、「欧州スーパーリーグ」の話が決定すれば、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーといったBIG6のチームは目指す場所が違うため、選手たちの白熱した熱い戦いにならない可能性がある。今季はレスターやウェストハムと例年であれば中位に沈むチームが奮起し、今はCL圏内を死守している。しかし、このような話が出れば選手のモチベーションに影響するのは間違いないだろう。

多くのサッカーファンが愛した熱いフットボールは今後、失われるのかもしれない。「欧州スーパーリーグ」に関しては続報を待ちたい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ