マンCに勝てるのは“2チーム”のみ? CLでの快進撃を止められるのは

CLでも圧倒的な力見せるマンC photo/Getty Images

グアルディオラの下でついにマンCは完成の時を迎えた

マンチェスター・シティの勢いが止まらない。チャンピオンズリーグでは先日もベスト16の2ndレグでボルシアMGを2-0のスコアであっさりと撃破し、2戦合計4-0の完勝でベスト8入りを決めた。

ボルシアMGは優勝候補に挙げられるようなクラブではないものの、それでも180分間を無失点で終えたマンCのパフォーマンスは高く評価されるべきだろう。何より今季チャンピオンズリーグで喫した失点は1点のみで、完成度は現欧州No.1と言っていい。

問題は、マンCを止められるクラブがあるかどうか。ベスト8に進出したのはチェルシー、レアル・マドリード、パリ・サンジェルマン、FCポルト、バイエルン、リヴァプール、ドルトムント、そしてマンCの8チーム。

優勝を狙えるビッグクラブも数多く残っているが、英『BT Sport』にて元イングランド代表のオーウェン・ハーグリーブス氏はバイエルンしかマンCを止められるクラブは見当たらないと語っていた。

「今のシティはチャンピオンズリーグを制するベストチャンスを迎えている。守備の部分が解決され、今の彼らに弱点があるとは思えない。止められるチームはバイエルンだけに見える」

昨季王者バイエルンなら何とかなるか photo/Getty Images

ベスト8でマンCを止められそうなチームは/

ベスト8のうち、FCポルトはボルシアMGと同じく中堅クラブの印象が強い。優勝候補とされるクラブと互角に渡り合うのは難しいだろう。

ドルトムントはアーリング・ハーランドを軸に攻撃陣は豪華だが、守備の方はベスト16でもセビージャ相手に4失点を許すなど不安定なところがある。

リーグ戦の方で脆さを見せるリヴァプール、まだトーマス・トゥヘルの下でチーム作りの段階にあるチェルシー、クリスティアーノ・ロナウド退団以降はチャンピオンズリーグで苦しい戦いが続いているレアルもマンCを止めるのは難しいか。

候補としては、やはりバイエルンかパリくらいだろう。パリは国内リーグで不安定なところも見せているが、チャンピオンズリーグではバルセロナを撃破するなど高い力を備えている。マンC相手にFWキリアン・ムバッペの速攻が活きる可能性もあり、実力的にはパリにもマンC撃破のチャンスはあるか。

いずれにしても、今季のマンCがチャンピオンズリーグ制覇に最も近いのは間違いない。プレミアリーグ、FA杯、カラバオ杯、チャンピオンズリーグの4冠制覇の可能性も残されており、今季こそジョゼップ・グアルディオラの下でパーフェクトシーズンを完成させる時だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.263 監督で観る欧州蹴球

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ