目指すは“B・フェルナンデス級”の存在感 アーセナルで輝く20歳MFに注目せよ

今季途中からアーセナルで躍動するスミス・ロウ photo/Getty Images

不調のチームを救ったヤングガン

昨季途中からマンチェスター・ユナイテッドに勢いをもたらしたMFブルーノ・フェルナンデスのように、アーセナルの20歳もチームに大きな変化を与えることができるか。MFエミール・スミス・ロウにかかる期待は大きい。

今季開幕前には優勝候補の一角に数えられながらも、思わぬ不調により一時は15位にまで順位を落としたアーセナル。しかし、年末の第節チェルシー戦からミケル・アルテタ監督が若手を積極起用し始めると、状況は一気に好転した。そんな若手のなかでも、躍動ぶりがひときわ光っているのがスミス・ロウ。以前までゴール前の局面における創造性の欠如が指摘されていたアーセナルだが、若きテクニシャンが入ったことによってこの問題は解消されることとなった。

そんなスミス・ロウは、まさに今季アーセナルの救世主と言える。ここまでリーグ戦わずか5試合の出場で、3アシストという成績は立派というほかない。彼が中盤に加わったことで、アーセナルの状態は間違いなく良くなった。この調子で、スミス・ロウは今後もガナーズの攻撃陣をリードしていく存在となるか。シーズン中盤からチームにプラス要素をもたらしたという点では、昨季途中加入からマンUを3位にまで押し上げたB・フェルナンデスにも似た雰囲気を感じ取ることができる。期待は膨らむばかりだ。

「僕はブルーノ・フェルナンデスのことを選手としてリスペクトしているんだ。彼の記録は狂っているようにしか思えない数字ばかりだからね。彼のように、僕も今はプレイを楽しんでいるよ」

英『Sky Sports』に対してスミス・ロウはこのように語っているが、どうやら本人も目指しているのはB・フェルナンデスに近いスタイルなようだ。直近のリーグ戦5試合では、B・フェルナンデス(12回)次ぐプレミア2位のチャンスクリエイト数(10回)記録しているスミス・ロウ。周囲の選手をうまく使いながら自身も活きるスタイルを手に入れつつあるチャンスメイカーは、はたしてシーズン後半戦でどれほどその影響力を高めてくるか。今季はアーセナルの20歳にとって飛躍のシーズンとなりそうだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.257 EURO2020大展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ