ドイツの名門に逸材FWまた出現 デビュー戦たった“5分”で結果残した19歳

ドイツの世代別代表にも名を連ねているディンクチ photo/Getty Images

サージェントだけではない

日本代表FW大迫勇也が所属するブレーメンに、またも将来有望な若きストライカーが出現している。これまで同クラブにおける有望株ストライカーといえば、20歳のアメリカ代表FWジョシュ・サージェントだった。しかし、ブレーメンには彼より下の世代にも逸材が控えている。

その逸材の名はエレン・ディンクチ。今月13日に19歳を迎えたばかりの選手だ。まだ正式にトップチーム昇格とはなっていないものの、同選手は現地時間19日に行われたブンデスリーガ第13節のマインツ戦で大仕事をやってのけた。0-0の状況で迎えた85分に投入されたディンクチは、終了間際の90分に値千金の勝ち越しゴールを叩き込むことに成功。この試合がデビュー戦だったにもかかわらず、ディンクチは最高のインパクトを残してみせた。

そんな19歳の超新星が披露したパフォーマンスには、チームを率いるフロリアン・コーフェルト監督も大満足の様子。ここ数試合、良い流れで試合を運ぶも結果が出ていなかったブレーメンにとって、ディンクチが挙げた決勝ゴールの意味は大きかったと指揮官は次のように語る。独『Sport 1』が伝えた。

「我々は過去数試合で本当に安定した戦いを披露していたが、ようやくそれが報われたよ。結果がなかなか出ていなかったからね。そんな状況を変えてくれたのは、紛れもなくエレンだ。彼のデビュー戦はとんでもないものになったね。普段は寡黙な少年なんだけど、本当に素晴らしい働きをしてくれた。我々はまだ何かを成し遂げたわけじゃないけれど、この勝利をきっかけとして正しい方向に進むことができる気がしてならないよ」

現在ブンデスで13位に沈むブレーメンだが、その流れを変えた可能性があるディンクチの出場機会は今後増えてくるのだろうか。大迫にとってはあまり嬉しい話ではないかもしれないが、ドイツの名門クラブに次々と将来有望なストライカーが出現している。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ