インテルに続くCLでの苦戦 戦力揃っているのに3シーズン連続のグループ敗退

今季もCLベスト16に進めなかったインテル photo/Getty Images

決勝トーナメントにさえ入れない

チーム力は確実にアップしているはずなのだが、なぜインテルはこうもチャンピオンズリーグで勝てないのか。

インテルといえば2009-10シーズンにジョゼ・モウリーニョの下でいくつもの激闘を戦い抜き、チャンピオンズリーグを含む3冠を獲得。ギリギリの戦いもあったが、モウリーニョらしい手堅いスタイルで世界の頂点に立った。

あれから10年の時が経過したが、とにかくチャンピオンズリーグでは勝てない。2011-12シーズンにベスト16で敗れてからは6シーズン連続で出場権そのものを逃し、2018-19シーズンからようやくチャンピオンズリーグの舞台へ復帰。

ところが、ここから3シーズン連続のグループステージ敗退と苦しんでいる。今季もレアル・マドリードと同居したとはいえ、ロメル・ルカクやラウタロ・マルティネスなど戦力は整っていた。最終的にインテルは1勝3分2敗の最下位でグループを終えたが、少なくとも最下位に沈むような戦力ではない。国内ではリーグ制覇も狙えると評判なだけに、チャンピオンズリーグでのグループステージ敗退はショックが大きい。

スペイン『MARCA』も「2010年の制覇からインテルにチャンピオンズリーグの呪いは続いている」と伝えており、決勝トーナメントに進出するだけでも一苦労といった感じだ。今季はチャンピオンズリーグを落とした分リーグ戦に集中できるとポジティブに考えることもできるが、来季こそは決勝トーナメントに入りたいところ。サポーターも2011-12シーズン以来となる決勝トーナメントの戦いを待っているはずだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.257 EURO2020大展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ