注目集まるイブラヒモビッチの代表復帰問題 スウェーデン代表監督の見解は

ミランで年齢を感じさせないプレイを披露しているイブラヒモビッチ photo/Getty Images

この問題はもう終わったこと

スウェーデン代表の指揮官を務めるヤンネ・アンデション監督が、同国の英雄であるズラタン・イブラヒモビッチについて言及している。

現在39歳のイブラヒモビッチは、今年1月にACミランへ復帰を果たすと、近年低迷していたチームを蘇らせてみせる。昨季後半戦はセリエA18試合に出場して10ゴール5アシストを記録したほか、勝者のメンタリティで若手の良いお手本となり、加入当初二桁順位に低迷していたミランを最終的にヨーロッパリーグ出場圏内へ導いた。

そして、イブラヒモビッチはミラン復帰2シーズン目を迎えた今季も好調を維持。新型コロナウイルスに感染し、離脱を余儀なくされることもあったが、ここまで公式戦8試合に出場して8ゴール2アシストを記録している。そのうち、セリエAでは7ゴールを挙げており、第6節終了時点で得点ランキングのトップ。自身を歳を重ねるほど若返る“ベンジャミン・バトン”と例えるように、年齢を感じさせないプレイを披露している。

そんな衰え知らずの怪物イブラヒモビッチが先日、自身のTwitterを更新した際にスウェーデン代表のユニフォームを身にまとった写真とともに「Long time no see(久しぶり)」と綴り、物議を醸した。通算116キャップ62ゴールを記録し、EURO2016を最後に代表を引退したスウェーデンの英雄が、4年半ぶりに代表復帰を果たすのではないかといった噂が飛び交っているのだ。

この件について、インタビューに応じていた現スウェーデン代表指揮官へ質問が飛んだ。伊『calciomercato』などによると、アンデション監督が次のようなコメントを返したという。

「あの写真の裏には、何か計画があるという人もいる。しかし、私はそれが何を意味しているのかわからない。こういったことに、あまりエネルギーを注ぎたくないんだ。彼が代表チームでのキャリアを終えたと述べてからもう4年半になる。国民や私といった多くの人々が、EUROのあとにこのことについて話をした。同じ決断を下した他の選手たちのように、私は彼に対しても最大の敬意を払っている。ただ、この問題はもう終わったことだ」

39歳になってもこれだけ結果を残しているイブラヒモビッチの代表復帰に、大きな期待を寄せているファンも少なくないかもしれない。しかし、どうやらその可能性は低そうだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ