「メッシが優勝した」 グアルディオラはメッシ抜きでCLを制覇できないのか 

バルセロナ時代のメッシとグアルディオラ photo/Getty Images

長年のテーマとなっている問題

マンチェスター・シティを指揮するジョゼップ・グアルディオラにとって大きな問題になっているのが、チャンピオンズリーグのタイトルだ。

監督キャリアの中でグアルディオラは2度チャンピオンズリーグを制しているが、その後指揮したバイエルンとマンチェスター・シティではファイナルにすらたどり着くことができていない。バルセロナ以外のクラブでチャンピオンズリーグを獲得できるのか。これはグアルディオラにとって大きなチャレンジとなっている。

昨季もマンCは優勝候補の一角に挙げられていたが、ベスト8で伏兵リヨンに敗れた。ベスト16でレアル・マドリードを撃破したのに、リヨンには敗れてしまう。この結果にはサポーターも落胆したはずだ。

カギとなるのはリオネル・メッシだ。バルセロナではメッシが圧倒的な個の力でグアルディオラにチャンピオンズリーグのタイトルをプレゼントしたが、当然バイエルンにもマンCにもメッシはいない。

独『Sport Bild』によると、ヴォルフスブルクなどを指揮してきたフェリックス・マガトはグアルディオラがメッシに依存してきたとの見方を示す。

「メッシがタイトルを獲ったんだ。グアルディオラではなくてね。メッシ抜きでグアルディオラのシステムは機能しない。だからこそバイエルンとシティでは長くチャンピオンズリーグを獲得できていない。ティキ・タカは技術面で相手を上回る選手を抱えている場合のみ機能する。観客にとって、私が言うようにボールを長く抱えているのは退屈だ。トップチームはそれを必要としない。個人的にグアルディオラは試合前の準備で迷子になることがしばしばあるように思う。間違った戦術の選択で終わり、それが成功を妨げている」

あらゆる戦術を生み出すグアルディオラだからこそ、変に手を加えすぎてしまうところがあるのかもしれない。今後もその創意工夫は継続されるのだろうが、果たしてマンCでチャンピオンズリーグのタイトルは獲得できるのか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ