チェルキ、モリバ、そして“ピピ” 久保建英に続ける16歳が得る世界的評価

レアルのユースで奮闘する中井 photo/Getty Images

世界が注目する2003年生まれの新星

リーガ・エスパニョーラと日本サッカーファンの間で久保建英ブームが続いているが、スペインではもう1人楽しみな日本人選手がいる。

以前より久保と並んで有名な存在だった16歳のMF中井卓大だ。レアル・マドリードのアカデミーでプレイを続ける中井は、いずれトップチームでプレイしてほしい期待の新鋭であり、レアルでも確実に成長してきた。

先日英『The Guardin』が発表した「2003年生まれの有望株」特集にも選出されており、レアルのサポーターの間ではすでに有名な存在だ。

スペイン『as』もその中井について、「ピピは素晴らしいプレイビジョンを持っていて、ドリブルで相手を突破するクオリティを備える。そして彼は常にチームのためにハードワークしている」と評価。

16歳ながら19歳以下の選手が出場するUEFAユースリーグのメンバーにも選ばれており、レアル内でも高く評価されていることが分かる。

他に『The Guardian』のリストにはU-17スペイン代表MFブルーノ・イグレシアス、U-17スペイン代表FWイスラエル・サラザールもレアルの下部組織から選出されている。

この世代では、すでにリヨンで出場機会を得ているMFライアン・チェルキ、バルセロナの大型MFイライクス・モリバ、パリ・サンジェルマンのMFシャビ・シモンズ、バイエルンMFジャマール・ムシアラ、レヴァークーゼンMFフロリアン・ヴィルツらが有名だ。

トップチームで出番を得ている者もいるため、中井も2、3年後にはトップのカテゴリーでチャンスがあるかもしれない。久保のようにレンタルで経験を積む手もある。

久保と中井は以前より日本サッカー界の希望の星となっていたが、日本の柱となっていくのか。中井のここまでの成長も期待通りといったところだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ