マンU“新7番”はC・ロナウド級のプロフェッショナル 33歳でも衰えぬ脅威

ウルグアイ代表で活躍してきたカバーニ photo/Getty Images

プレミアでも得点量産へ

移籍市場の終盤に大きな動きを見せたマンチェスター・ユナイテッドは、最後にFWエディンソン・カバーニの獲得に成功した。

キャリアを考えてもカバーニは超大物プレイヤーであり、ナポリやパリ・サンジェルマンでの実績は見事だ。

ただ、カバーニも33歳だ。パリでも終盤は重要な選手ではなく、年齢的にはピークを過ぎたと考えることもできる。

中にはカバーニ獲得をパニック・バイとする意見もあり、マンUがカバーニに伝統の背番号7を託したことに疑問を感じたサポーターもいたかもしれない。

しかし、英『The Athletic』はまだカバーニが衰えていないと主張する。なぜならカバーニがクリスティアーノ・ロナウドにも負けず劣らずの超プロフェッショナルプレイヤーだからだ。

パリで試合に出場していなくても、カバーニは常にトップコンディションを維持してきた。ロナウドやズラタン・イブラヒモビッチと同じく、年齢の影響を受けていない選手の1人と考えられているのだ。

「カバーニは太ってもいないし、ギリシャ神のような筋肉を保っている。彼の体脂肪率はアメイジングなものだ」

同メディアもこう伝えており、カバーニにまだ大きな衰えの波はきていないとの考えだ。

カバーニは空中戦にも強く、マンUでもアントニー・マルシャルとは大きく特長が異なるプレイヤーだ。攻撃の選択肢が増えるのは確実で、マルシャルからポジションを奪い取る可能性も十分に考えられる。

近年はマンU伝統の7番を背負う者が苦戦を強いられてきたが、カバーニがその呪いを解くのか。ロナウド級のプロフェッショナルと称えられるカバーニがマンUでの初陣にどこまでコンディションを高めていくのか楽しみだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ