“25歳”からの代表100試合出場 遅咲き大型FWジルーがレジェンドへ

フランス代表のジルー photo/Getty Images

コツコツと重ねた代表キャリア

アントワーヌ・グリーズマンやキリアン・ムバッペ、世代の近いカリム・ベンゼマらと比較すると、やや地味な存在かもしれない。

しかし、チェルシーに所属するFWオリヴィエ・ジルーはコツコツとフランス代表でキャリアを重ねてきた。

現代表監督のディディエ・デシャンからの信頼も厚く、2018ロシアワールドカップでは無得点ながらグループステージからファイナルまで全試合で起用された。

そんなジルーは7日に行われたウクライナ代表との親善試合に出場し、2得点1アシストを記録。このゲームはジルーにとってフランス代表通算100試合目であり、その記念すべきゲームをゴールで飾ってみせた。

フランス代表のようなスター揃いのチームで100試合も代表キャップを積み重ねるのは簡単なことではない。

何よりジルーが代表デビューを果たしたのは25歳の時で、どちらかといえば遅咲きの選手だ。しかも当時はベンゼマがまだ主力だった。

それでもジルーは努力を重ね、前線で体を張る大型ストライカーとしての地位を築いた。グリーズマンやムバッペに主役の座は譲っているが、ジルーの存在もフランス代表の成功には欠かせないものだった。

100試合に出場し、成績は42得点11アシスト。主役ではないかもしれないが、数字は見事なものだ。

34歳になった今もフランス代表でジルーと同じ働きができるストライカーは見当たらない。クラブでの状況にも左右されるだろうが、EURO2020出場を目指すことも不可能ではないだろう。

フランスを代表するレジェンドストライカーとして、目指すはワールドカップとEUROのダブル制覇だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ