GK“世界TOP5”への帰還 偉大なるベテランが2年で遂げた華麗なる復活

トロフィーを手にするノイアー photo/Getty Images

ロシアW杯からの復活

2018ロシアワールドカップが終わった時、GK界には少しの変化が起きていた。

大きかったのはドイツ代表マヌエル・ノイアーと、スペイン代表ダビド・デ・ヘアの苦戦だ。

特にノイアーはこの大会で大きく評価を落とすことになり、ドイツ代表でもバルセロナでプレイするマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンを1番手にすべきとの意見が増えるようになった。

しかし、今はどうだろう。ノイアーが所属するバイエルンは昨季3冠を達成し、先日行われたセビージャとのUEFAスーパー杯も制した。タイトルに恵まれ、34歳になったノイアーが華麗なる復活を遂げたのだ。

英『Daily Mail』も「ノイアーが最高の状態に戻った」と称える。ロシアワールドカップ終了時はノイアーの時代も終わったと思われたが、今の状態ならば来夏開催予定のEURO2020でもポジションを守れるだろう。

その一方でデ・ヘアはマンチェスター・ユナイテッドで苦戦が続いており、世界TOP5の座からは落ちたように思える。

チェルシーにGK史上最高額で移籍したケパ・アリサバラガも伸び悩み、テア・シュテーゲンもバルセロナでやや元気がない。

アトレティコ・マドリードのヤン・オブラク、レアル・マドリードで再び評価を上げたティボー・クルトワ、リヴァプールの守備を支えるアリソン・ベッカーなど他にも優秀なGKはいるものの、ノイアーは再び世界TOP5に入ったと見ていいはず。

この勢いを来夏のEURO2020まで続けることはできるのか。再び安心して見ていられるノイアーが戻ってきた。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ