“アフリカのシャビ”とも注目されたMFは今どこに インテルが目をつける29歳

ガラタサライでプレイしていたセリ photo/Getty Images

2017年夏に人気集める

元スペイン代表MFシャビ・エルナンデスと比較されるMFは今も数名いるが、2017年に市場を賑わせていたシャビ風MFを覚えているだろうか。

当時フランス国内リーグで躍進したニースにて注目を集めていたのは、アフリカのシャビとも評されたコートジボワール代表MFジャン・ミシェル・セリである。

ニースは2016-17シーズンにリーグ戦で3位に入り、セリも注目を集めるようになった。ビッグクラブ移籍も噂されていたのだが、2017年夏の移籍は成立せず。

そして2018年夏、1年遅れて移籍へ動いたセリが向かったのはイングランドのフラムだった。

ビッグクラブ移籍が噂されていたことを考えると、フラム行きは意外な選択肢だったと言える。

しかもフラムは2018-19シーズンに2部へ降格することになり、セリは2019-20シーズンよりトルコの名門・ガラタサライにレンタル移籍している。

そんなセリに、現在インテルが目をつけているという。英『sky Sports』によると、インテルはチェルシーMFエンゴロ・カンテ獲得に失敗したプランBとしてセリをリストアップしているようなのだ。

セリも29歳となったが、3年遅れでのビッグクラブ入りとなるのか。ニースを離れてからはどこか迷走したキャリアとなっているだけに、インテル入りが実現すればセリにとっては大きなチャンスだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ