“リーガ2強”を崩す時がきた 第2集団アトレティコは「タイトルへ挑戦しないと」

リーガ制覇を狙うアトレティコ photo/Getty Images

2強の力は落ちているか

昨季はレアル・マドリードがリーガ・エスパニョーラを制したが、今のところレアルは今夏に派手な動きを見せていない。

リーガを代表するもう1つの強豪・バルセロナも指揮官が交代し、リオネル・メッシ退団説騒動が起こるなど揺れている状況だ。以前ほどリーガ2強にエネルギーはなく、いわゆる第2グループとされるチームにもリーグ制覇のチャンスはあるのではないか。

筆頭候補はやはりアトレティコ・マドリードだ。以前から2強と争い続けてきたアトレティコは2013-14シーズンに厳しい争いを勝ち抜いてリーグ制覇を成し遂げている。レアルとバルセロナが十分に強化されていない今、アトレティコにとってはチャンスではないか。

スペイン『MARCA』によると、アトレティコMFサウール・ニゲスもバルサやレアルと戦う準備があると新シーズンに意気込む。

「少なくとも僕たちはタイトルへ挑戦しないといけない。僕たちにはリーガのビッグクラブと全てのタイトルを争うだけのスカッドがある。ただ、それを言うだけじゃなくて実際に見せないとね。僕は対戦相手ではなく、1番上のスポットを見ている。僕たちは非常に優れた若いメンバーを揃えていて、大きく伸びていることもある。僕たちはトップの座を争わなければならないと思う」

アトレティコが最後にリーグを制したのは2013-14シーズンのことだが、当時に比べるとリーガの2強は実力が落ちたようにも感じられる。アトレティコにもチャンスはあるはずで、2013-14シーズンに続く快進撃を見せてほしい。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ