ビダルは33歳、ナインゴランは32歳 ベテラン・インテルは今季の優勝へ本気だ

インテルが目指すはスクデットだ photo/Getty Images

カギを握るのはベテランか

インテル入りが近いと言われるローマ所属DFアレクサンダー・コラロフは34歳、同じくインテル入りが噂されるバルセロナ所属MFアルトゥーロ・ビダルは33歳と、インテルが目をつけている2人はどちらもベテランだ。

近年の移籍市場では若手にスポットが当たる機会が多いが、今夏のインテルはその流れに逆行しているとも言えよう。

将来性を考えるなら若手を獲得した方がいいのだろうが、すぐ結果が欲しい場合はベテランに頼るのも1つの手だ。

伊『Gazzetta dello Sport』によると、元インテルGKワルテル・ゼンガ氏もインテルが2020-21シーズンのスクデット獲得へ本気になっているのではと感じている。

「インテルはすぐ勝つために行動しているように感じるね。今年に勝とうとしているんだ。バレッラ、センシらも1年の経験を積んだ。それにナインゴランがいるなら、私はずっと彼のことをキープするよ」

2019-20シーズンはカリアリにレンタル移籍していたが、新シーズンはインテルでプレイすることになるのではと言われるMFラジャ・ナインゴランも32歳と経験豊富な選手だ。

セリエAを支配し続けているユヴェントスはアンドレア・ピルロを指揮官に迎えており、新たな体制で再スタートを切る。

ピルロはまだ指揮官としての経験が浅いため、この人事がヒットするかは分からない。インテルなど他クラブにとっては2020-21シーズンこそスクデットのチャンスと言えるのではないか。

インテルも本気だ。経験豊富な選手を軸に、ライバルのユヴェントスを倒す。そのシナリオが新シーズンに実現するか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ