未来のレアル支えてほしい“5人のヤングMF” ウーデゴーに続くのは誰だ

ビジャレアルにレンタル移籍する久保 photo/Getty Images

レンタルからレアルへ戻る成功組へ

まだポジションを掴めると決まったわけではないが、今夏にノルウェー代表の21歳MFマルティン・ウーデゴーがレアル・マドリードに戻ることとなった。

ウーデゴーはレンタル移籍を続け、2019-20シーズンにレアル・ソシエダでブレイク。その活躍がレアル・マドリードに認められることになったのだ。

ウーデゴーのレンタル戦略はひとまず成功したと言えそうだが、他のレンタル組はウーデゴーに続けるだろうか。

スペイン『Defensa Central』は今後のレアルで楽しみなMFを5名リストアップしているのだが、その中にはビジャレアルにレンタル移籍することになった久保建英も入っている。

久保も2019-20シーズンにレンタル先のマジョルカで結果を残し、新シーズンにはビジャレアルへステップアップすることになる。ここまでは非常に順調と言えよう。

その他に同メディアはウーデゴー、すでにレアルでポジションを得ている22歳のMFフェデリコ・バルベルデ、レンタル先のアーセナルでも卓越したテクニックを披露している24歳MFダニ・セバージョス、ドルトムントにレンタル移籍することが決まった18歳のレイニエル・ジェズスを選出している。

トニ・クロース、ルカ・モドリッチらがベテランの領域に入っていることもあり、今後のレアルを引っ張っていくであろう若きレンタル組に注目が集まっているのだ。

久保の場合はクロースやモドリッチとポジションが同じというわけではないが、期待を集めているのは間違いない。

果たして久保やレイニエルはウーデゴーに続けるのか。まだ道のりは険しいが、ウーデゴーの復帰によってレンタル組への注目がさらに高まるのではないだろうか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ