アーセナルの守備に革命を起こしてほしい22歳 大型DFが見せる未来[映像アリ]

アーセナルに加わったマガリャンイス photo/マガリャンイスのInstagramより

新シーズンの注目ポイントは守備にあり

果たして2人の若きセンターバックは何年間アーセナルの守備を支えてくれるだろうか。

今夏アーセナルにとって大きい補強となったのが、19歳DFウィリアム・サリバの合流とリールDFガブリエウ・マガリャンイスの獲得だ。

長年ディフェンスに問題を抱えているとされてきたアーセナルにとって、即戦力候補の若いセンターバックを2枚加えられる意味は大きい。

特に22歳のマガリャンイスはチャンピオンズリーグの戦いも経験しており、レフティーなのも魅力的だ。

190cmとサイズもあるため、プレミアリーグ独特のフィジカルバトルにもある程度は対応できるだろう。

1対1の強さはもちろんだが、足下の技術も悪くない。相手のプレスをいなすこともでき、左足のロングフィードもまずまずの精度だ。



チャンピオンズリーグではチェルシーと対戦していたが、そのパフォーマンスを見たアーセナルOBマーティン・キーオン氏も英『BT Sport』にてマガリャンイスのことを絶賛していた。

「チェルシー相手のプレイを見たが、彼は素晴らしい選手だ。彼には未来があると思う。彼はリーダーであり、パワフルだ。この移籍が上手く進み、彼がアーセナルの選手になることを心より願う。チームにとっても大きな力になるだろう。4バック、3バックの両方で彼はプレイできると思うよ」

キーオン氏の望み通り、マガリャンイスはアーセナルへ加入した。上手くフィットすれば、10年近くアーセナルの最終ラインを支えることができるはずだ。

サリバ、マガリャンイスの2人が1年目からどこまでフィットするのか。サポーターも楽しみにする新シーズンの始まりが近づいている。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号は、欧州4大リーグのシーズンレビュー。コロナ禍の混乱があったものの、新たな若手が躍動したり、新指揮官が辣腕を振るったりと見所満載だったシーズンを、業界屈指のライター陣が振り返ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ