グリーンウッドに続くのか マンUにはまだ楽しみな“18歳”の爆速FWがいた

マンUのエランガ photo/エランガのInstagramより

下のカテゴリーではきっちりと結果を出す

このところ次々と優秀な若手を輩出しているマンチェスター・ユナイテッドでは、2019-20シーズンも18歳のFWメイソン・グリーンウッドが大ブレイクを果たした。

グリーンウッドは早くもイングランドサッカー界の未来と考えられており、国内で最も期待されている若手の1人と言っていいだろう。

しかしマンUの恐ろしいところは、グリーンウッドに続く才能が出てきていることだ。

今注目を集めているのは、2002年生まれのFWアントニー・エランガだ。

主に左のウイングを主戦場としているエランガは、マーカス・ラッシュフォードやアントニー・マルシャルら先輩アタッカーと同じく爆発的なスピードを備えている。

2019-20シーズンにはU-18のカテゴリーで9戦7ゴール3アシストと爆発し、U-23のカテゴリーも経験済みだ。

先日行われたハダースフィールド・タウンU-23とのトレーニングマッチにも出場し、チームの2点目を記録。新シーズンはU-23のカテゴリーでも輝きを放ってくれることだろう。

英『Sportbible』は2001年生まれのグリーンウッドとの比較もあると伝えており、エランガも近いうちにトップチームへ絡んでくる可能性がある。

スウェーデンの世代別代表にも選ばれているエランガは新シーズンにどこまで技術を伸ばせるのか。

グリーンウッドほど早くブレイクするかは分からないが、今後1、2年の間にトップチームへ上がってきてほしいタレントの1人だ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号は、欧州4大リーグのシーズンレビュー。コロナ禍の混乱があったものの、新たな若手が躍動したり、新指揮官が辣腕を振るったりと見所満載だったシーズンを、業界屈指のライター陣が振り返ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ