PSGは“2年間”を無駄にした CLレベルの指揮官ではないと批判されたのは

PSGのチアゴ・シウバと当時指揮官だったエメリ photo/Getty Images

指揮官としての能力に疑問

大型補強を繰り返し、2019-20シーズンにようやくチャンピオンズリーグ決勝へとたどり着いたパリ・サンジェルマン。

実に長い道のりだったわけだが、パリにはもったいない2年間があった。

2016年より指揮官に就任したウナイ・エメリ体制での2年間である。

仏『L’Equipe』によると、今季限りでパリを去ったDFチアゴ・シウバの代理人を務めるパウロ・トニエット氏はこの2年間が非常にまずいものだったと振り返る。

「パリは彼の就任からの2年間を失った。彼はヨーロッパリーグのレベルでは良い指揮官だ。チャンピオンズリーグのレベルではなくね。彼にとっては大きすぎた。パリにとっては酷い指揮官だったよ。もし他の指揮官があの2年を指揮していれば、パリはすでにチャンピオンズリーグを制していただろう」

エメリ体制での戦いといえば、やはりバルセロナ相手の歴史的大逆転負けが思い浮かぶ。

決勝トーナメント1回戦1stレグでバルセロナを4-0で粉砕しながら、2ndレグではまさかの1-6で負けてしまったのだ。

世紀に残る大逆転負けとなったが、ここでもトニエット氏はエメリの采配が甘かったと見ている。

パリは補強こそ豪華だったが、招聘した指揮官には疑問もあった。チャンピオンズリーグ制覇を経験したことがない指揮官もおり、スター選手たちをまとめていけるか不安視されていたのだ。

エメリもその1人であり、より大物指揮官を招聘できていればチアゴ・シウバがパリにいる間に欧州の頂点に立てたかもしれない。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号は、欧州4大リーグのシーズンレビュー。コロナ禍の混乱があったものの、新たな若手が躍動したり、新指揮官が辣腕を振るったりと見所満載だったシーズンを、業界屈指のライター陣が振り返ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ