“走るな”と言われても止まれない マンU司令塔はチームに貢献したくて仕方ない

マンUのフェルナンデス photo/Getty Images

スールシャールからリクエストがあるようだが……

後半戦から一気にギアを上げ、最終的には3位でフィニッシュすることに成功したマンチェスター・ユナイテッド。

若手の躍動に加え、大きかったのが今冬にスポルティング・リスボンから加わったMFブルーノ・フェルナンデスの大ヒットだ。

フェルナンデスがチャンスメイカーとして中盤に君臨し、ポール・ポグバらとの連携からチャンスメイクを連発。PKキッカーも担当し、マンUの攻撃面を一気にグレードアップしてみせた。

もちろん来季もフェルナンデスは重要な戦力となるだろうが、指揮官オーレ・グンナー・スールシャールには1つリクエストがあるという。

英『The Sun』によると、それは走る量をもう少し抑えて欲しいというもの。疲労や怪我を避けるべく、ややペースダウンしてほしいところもあるのだそうだ。

ただ、フェルナンデスは止まれない。ゲームに入るとテンションが最高潮に達するのか、その部分をコントロールすることは出来ないようだ。

「スールシャールには何度も多く走りすぎていると言われたよ。他の選手を走らせる必要があるとね。そうじゃないと僕が疲労して、ボールを受けた時にはフレッシュでいられなくなると。だけどそれは僕の本能であり、ゲームの一部だ。コントロールすることは出来ない。僕は走るのが好きだし、常にチームを助けたいんだ。最も重要なのはチームを助けることであり、チームが助かったのであればOKなんだ」

このチームファーストの姿勢こそ、フェルナンデスが早い段階からマンUにフィットした理由の1つなのだろう。自らの結果のみを重視する選手では、フェルナンデスと同じ活躍は出来なかったかもしれない。

来季もフェルナンデスはチームのために走るだろう。フェルナンデスとフルシーズンを戦う来季のマンUが楽しみだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号は、欧州4大リーグのシーズンレビュー。コロナ禍の混乱があったものの、新たな若手が躍動したり、新指揮官が辣腕を振るったりと見所満載だったシーズンを、業界屈指のライター陣が振り返ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ