アーセナルはパルティ獲得断念か 代役候補はフランスで輝く“ポグバ2世”

リールのスマレ photo/Getty Images

すでに視線は次のターゲットへ

アーセナルは移籍市場における第一目標とも言えた中盤戦士の確保を諦めるが濃厚となった。今夏同クラブはアトレティコ・マドリードに所属するガーナ代表MFトーマス・パルティの獲得を目指していたものの、4500万ポンド(約63億円)にものぼるとされる移籍金の捻出に苦戦している。アトレティコ側も一切の値引きを行わない方針のようで、現地メディアによると、ガナーズはすでにパルティの獲得を諦めたと伝えられている。

本人もアーセナル行きを希望していたとされるが、さすがに今のガナーズに4500万ユーロという金額は高すぎたか。しかし、MFマッテオ・グエンドウジの放出が濃厚となっている手前、中盤の補強を諦めるわけにはいかない。パルティより実力派落ちるかもしれないが、アーセナルはこれから安価かつ戦力としてある程度計算できる選手を急いで確保しに向かいたいところだ。

そんな中で、アーセナルが新たにフランスで躍動する21歳をリストアップしたと英『Daily Mirror』が伝えている。その21歳とはリールに所属するブバカリ・スマレだ。同選手は188cmの恵まれた体躯を武器にした強い当たり、そして長い足でボールを絡め取ることに長けた守備型MF。攻撃面でもパスセンスに意外性があり、フランス国内では“ポール・ポグバ2世”なんて呼ばれることもある逸材だ。

ネームバリューこそパルティほどではないものの、限りなくこのガーナ代表MFに近いスタイルでプレイするスマレ。代役候補としては申し分ない選手と言えるだろう。移籍金は3500万ポンド(約49億円)とそれなりだが、パルティと比べれば安価なことは間違いない。

はたして、アーセナルは無事にこの21歳の守備型MFを確保することができるのか。他クラブも獲得に興味を示しているとされる逸材だけに、アプローチは早めに仕掛けたいところだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ