グエンドウジ、エドゥアール、エンクンクも PSGのアカデミー出身の実力者たち

リヨンのデンベレ photo/Getty Images

トップチームでは出番を掴めず

大型補強を継続してきたパリ・サンジェルマンでは、クラブの下部組織出身選手がトップチームで出番を掴めない状況が続いている。

これはビッグクラブにありがちなケースだが、最近はパリからの逸材流出がかなり目立っている。

例えばリヨンのチャンピオンズリーグ・ベスト4入りに貢献した24歳のFWムサ・デンベレだ。

デンベレは8年間をパリ・サンジェルマンのユースで過ごしたが、そこからフラムへ移籍。2016年に移籍したセルティックでブレイクすることになり、今ではビッグクラブも注目するリヨンの点取り屋となっている。

優秀な選手ではあるものの、さすがにズラタン・イブラヒモビッチやエディンソン・カバーニらがいた2010年代前半のパリで出番を掴むのは難しかったか。

セルティックといえば現在も市場を騒がす22歳のFWオドソンヌ・エドゥアール、セルティックを経由してフランスのリールへ移籍した20歳のFWティモシー・ウェアもパリのユース出身だ。

どちらも能力は魅力的だが、やはりネイマールやキリアン・ムバッペらを追い越すのは難しい。

今年1月よりイングランド2部のリーズ・ユナイテッドでプレイしていた23歳のFWジャン・ケビン・オーギュスタン、昨夏に移籍したライプツィヒでアシストを連発した22歳のMFクリストファー・エンクンク。

アーセナルで即戦力MFとして活躍するマッテオ・グエンドウジ、忘れてはならないバイエルンでプレイする24歳FWキングスレイ・コマン。

逸材と騒がれながら昨年にボルドーへの移籍を決断した20歳のMFヤシン・アドリなど、振り返るとパリは次々と優秀な若手を輩出している。

今の大型補強路線が継続されるならば、下部組織出身の若手がトップチームで出番を掴むのは難しいだろう。出番を求めて他クラブへ向かう者も増えてくるはず。

輩出されている逸材は優秀なため、パリの下部組織の動きに目を向けているクラブも多いだろう。今後も逸材が出てくるはずで、その選手たちがどのような決断を下すのか楽しみだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号は、欧州4大リーグのシーズンレビュー。コロナ禍の混乱があったものの、新たな若手が躍動したり、新指揮官が辣腕を振るったりと見所満載だったシーズンを、業界屈指のライター陣が振り返ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ