司令塔・本田圭佑と“黄金タッグ”形成を 「世界的なFWが必要だった」

ボタフォゴの本田 photo/Getty Images

ボタフォゴを引っ張れるか

近年ブラジルのボタフォゴは世界的なスタープレイヤーを積極的に獲得しており、以前は元オランダ代表MFクラレンス・セードルフもプレイしていた。

今ならばMF本田圭佑、そして7月9日に加入が決まったコートジボワール人FWサロモン・カルーがそのスタープレイヤー枠に当てはまる。

中盤から攻撃をコントロールする本田、前線でゴールが期待できるカルーのタッグにはボタフォゴも大きな期待をかけているに違いない。

『BBC Sport Africa』によると、ボタフォゴOBのトゥーリオ・マラヴィーリャ氏も本田のパスからカルーが加速するパターンを見たいと語る。

「ボタフォゴにはゴールを決められる経験豊富なストライカーが必要だった。私が去って以降のボタフォゴでは世界的に知られたストライカーがいなかったからね。中盤から本田のパスでカルーのスピードを解放できる」

本田とカルーにはピッチ上での貢献だけでなく、FWルイス・エンリケやFWペドロ・ラウルら若い選手たちの育成も期待されている。ワールドカップでも戦ってきた本田とカルーの経験はチームにとって大きなプラスとなるはずだ。

本田にとっても前線にカルーのような選手が構えてくれるのは大きいだろう。スタープレイヤーだからこそ分かり合える感覚もあるかもしれない。

本田のパスでカルーがゴールを決めるような展開が増えることに期待だ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ