出場4試合でJ1屈指のスタッツ ベルマーレ新守護神の凄みとは

今季のJ1リーグ第6節よりベルマーレのゴールを守っている谷 photo/Getty Images

リーグNo.1のスタッツとは

ガンバ大阪U-23や同クラブ・トップチームでのプレイを経て、今季開幕前に期限付き移籍という形で湘南ベルマーレに加わったGK谷晃生。7月22日に行われたJ1リーグ第6節(鹿島アントラーズ戦)で今季初のスターティングメンバー入りを果たすと、終始安定したセービングを披露。チームの無失点勝利に貢献した。

直近のリーグ戦4試合連続でベルマーレのゴールを守っている谷の特筆すべき点は、クロスボールへの対応が的確なこと。同選手は今季のJ1リーグで8回のパンチング成功数を記録しており、これは同リーグ全18クラブのGK中トップの数値(データサイト『Sofa Score』より)。クロスボールの軌道や落下地点の予測が精確であり、タイミングの良い飛び出しでハイボールを難なく処理する谷の堅実なプレイぶりが表れているスタッツと言えるだろう。

また、同選手は今季のJ1リーグ1試合あたり4.8回というセーブ数を叩き出しており、こちらも同リーグトップの数値(『Sofa Score』より)。計19回のセーブのうち自陣ペナルティエリア内で放たれたシュートへの反応が15回というデータからも分かる通り、至近距離からのシュートに滅法強い。今月9日に行われたリーグ第9節(サンフレッチェ広島戦)の後半でもレアンドロ・ペレイラや森島司の鋭いシュートを防ぐなど、獅子奮迅のパフォーマンスを見せていた谷だが、リーグ戦で最下位に低迷中のベルマーレに今後も活力をもたらせるだろうか。この19歳の若武者の更なる成長に期待したいところだ。


●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説NEXT」と題し、まさに今欧州挑戦中の若きサムライたちをピックアップ。久保建英、冨安健洋ら、これからの日本サッカーを担う才能たちの現在地を追い、その魅力に迫ります!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ