創造性あるMFの補強、DFの世代交代 ピルロがユーヴェでやるべきこと

ユヴェントスをCL制覇へ導けるか photo/Getty Images

やるべきことは多く

アンドレア・ピルロ体制で新たなスタートを切ることを発表したユヴェントス。

今季はリーグ制覇こそ達成したが、コッパ・イタリアとチャンピオンズリーグは落としてしまった。

特にチャンピオンズリーグの方はベスト16で姿を消すことになり、チームに手を加えていかなければならないのは明らかだ。

では、若き新指揮官ピルロはどこを変えていけばいいのか。

まず1つはセンターバックか。アヤックスからやってきたマタイス・デ・リフトは徐々にフィットしたが、問題はその相棒だ。

レオナルド・ボヌッチ、ジョルジョ・キエッリーニの2人は経験の豊富な実力者だが、『90min』は2人の時代は過ぎ去ったと手厳しい。すでにピークは過ぎたとの判断だ。

ベンチには22歳のメリフ・デミラルが控えているため、デ・リフトを中心に新たなセンターバックペアを完成させていく時なのかもしれない。

デ・リフトは怪我の影響でしばらく離脱すると見られているため、2021年に入ってからピルロがセンターバックをどう整備していくかが楽しみだ。

また中盤にも手を加えたい。まずはバルセロナからやってくるMFアルトゥール・メロをチームにフィットさせ、もう1人創造性をプラスできる新戦力を加えられれば理想的か。

ピルロは以前ユヴェントスにレアル・マドリードMFイスコのような存在が必要と助言していたことがあるが、イスコ系のMFは今のユヴェントスに不足している。

同メディアはリヨンMFホッセム・アワールのことも推薦しているが、よりクリスティアーノ・ロナウドらにチャンスボールを提供できる創造性あるMFが欲しい。

前線はロナウドとパウロ・ディバラが変わらず軸となるだろう。すでに獲得を決めているFWデヤン・クルゼフスキが合流するため、クルゼフスキも上手くチームに組み込みたい。

チャンピオンズリーグ制覇はピルロにとって重い目標となるが、1年目から何らかの結果を残せるだろうか。最終ラインの世代交代、中盤の新たなユニット作り、ロナウドの活かし方など、各ポジションに課題ありだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説NEXT」と題し、まさに今欧州挑戦中の若きサムライたちをピックアップ。久保建英、冨安健洋ら、これからの日本サッカーを担う才能たちの現在地を追い、その魅力に迫ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ