ペップでもジダンでもない “天才MF”クロースが選ぶ最高の恩師とは

現在はレアルに所属するクロース photo/Getty Images

飛躍のキッカケを作った指揮官

これまでのキャリアでバイエルン・ミュンヘン、レアル・マドリード、そしてドイツ代表と、世界のトップ選手が集まるチームでプレイしてきたMFトニ・クロース。それだけに、彼が指導を受けた監督というのは、世界的に有名な“名将”と呼ばれる人物が多い。

例を挙げてみれば、現在指導を受けるジネディーヌ・ジダンやバイエルン時代に共闘したジョゼップ・グアルディオラ、そしてドイツ代表ではヨアヒム・レーヴ。ルイ・ファン・ハールなんて名前もある。そんな数々の名将と共にキャリアを歩んできたクロース。しかし、彼が自身のキャリアにおいて最高の恩師と語るのは、 彼らとは別の指揮官だ。

「ユップ・ハインケスだね。彼は僕が最も長く共闘した監督だし、レヴァークーゼン時代にも僕が飛躍するキッカケを作ってくれた。バイエルンでも彼は僕らを勝利に導いてくれたね。間違いなく、ハインケスは僕がトッププレイヤーになるのを助けてくれた人だ。もちろん、他にもトップレベルと言える監督はたくさんいた。ペップとは素晴らしい時間を過ごしたし、ジダンとも想像し得る限り最高の成功を掴んだ。でも、誰か一人を選ばなければならないというのなら、僕はユップ・ハインケスを選ぶよ」

ポッドキャスト『Einfach mal Luppen』に対して、クロースはこのように語っている。選ばれたのはレンタル時代のレヴァークーゼン、そしてバイエルンでも共闘したハインケス氏だ。共闘した試合数「123」はジダン監督の「166」よりも少ないが、キャリア初期に自身の才能を見出してくれた指揮官とあって選ぶのも無理はないか。

“天才MF”の基礎を築いたドイツの名将。ハインケス氏も教え子から最高級の賛辞を贈られたことに満足しているか。同氏はすでに監督業を引退しているが、いつの日かメモリアルマッチなどで彼らが共闘する姿をまた見たいものだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説NEXT」と題し、まさに今欧州挑戦中の若きサムライたちをピックアップ。久保建英、冨安健洋ら、これからの日本サッカーを担う才能たちの現在地を追い、その魅力に迫ります!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ