“ガラスのレフティー”はどこへ行く 無所属のFWに浮上するセリエA行き

リヴァプールのスタリッジ photo/Getty Images

トラブゾンスポルとは契約を解除済み

怪我が多いことから「ガラスの天才」と呼ばれる選手が今も数名いるが、そのうちの1人がリヴァプールなどで活躍してきたFWダニエル・スタリッジだ。

スタリッジはリヴァプールで長く活躍したものの、昨夏にトルコのトラブゾンスポルへ移籍。30歳にして欧州五大リーグを離れる決断を下した。

移籍してからは11試合で4得点4アシストを記録するなど奮闘していたのだが、昨年7月に移籍に関する情報を家族に漏らし、これが賭博違反に今年繋がったとして6月17日までサッカー及び関連活動への参加が出来なくなる処分を受けていた。

トラブゾンスポルとの契約も解除されていたのだが、英『Daily Star』はそのスタリッジに救いの手を差し伸べるクラブが現れる可能性があると伝えている。

スタリッジに関心を示していると言われているのは、セリエAに来季より昇格するベネヴェントだ。

チームを元イタリア代表FWフィリッポ・インザーギが率いていることも話題のクラブで、昇格が決まってから積極的に補強へ動く構えを見せていた。イングランドで天才肌のプレイヤーと扱われてきたスタリッジにも手を伸ばす可能性がある。

同メディアもスタリッジにはまだ需要があると伝えており、能力を考えればセリエAでも通用するはず。サッカー活動停止の影響もあってスタリッジはどこか忘れられた存在となっていたが、復帰は叶うのか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ