20ゴールじゃダメ ドログバ、イブラと同じ30ゴール奪うべき若きセレソンFW

エヴァートンのリシャルリソン photo/Getty Images

名将が要求する高いハードル

名将カルロ・アンチェロッティを招聘したエヴァートンが目指すのは、欧州カップ戦出場だ。

しかし、残念ながら現在プレミアリーグでは11位。アンチェロッティにとってはエヴァートンでの最初のフルシーズンだが、成績だけ見れば失敗と言っていい。

来季はもう少し順位を上げたいところだが、そのために何が必要なのか。アンチェロッティは、30ゴールほど奪えるアタッカーが必要との認識を示している。

英『sky SPORTS』によると、アンチェロッティが名指ししたのは23歳のブラジル代表FWリシャルリソンだ。

リシャルリソンは今季もアンチェロッティから信頼されており、リーグ戦ではここまで13得点とまずまずの成績を残している。

来季はこの数字を20得点まで伸ばしたいところだが、アンチェロッティは20得点では満足しない。一気に30得点まで増やすようにと、チームの若きアタッカーに高いハードルを課している。

「リシャルリソンが20得点を目標と言うのは間違っていると思う。20得点を目標にすべきではない。少なくとも30得点にすべきだ。私はシーズンに60得点を挙げるストライカーを抱えていたこともある。イングランドでもディディエ・ドログバが29得点挙げていた。だからリシャルリソンも30得点を目標にすべきだ」

アンチェロッティが口にしたシーズンに60点挙げるストライカーとは、レアル・マドリード時代に指導したクリスティアーノ・ロナウドのことだ。

さすがにロナウドは別枠と考えていいが、リシャルリソンにはその半分ほどの得点数を期待したい。

過去にもアンチェロッティが指揮したチームでは、パリ・サンジェルマンFWズラタン・イブラヒモビッチもリーグ戦30得点を達成している。

エヴァートンでその役割をこなすのはリシャルリソンとなるのか。仮に目標を達成できれば、リシャルリソンはブラジル代表でもポジションを掴めるかもしれない。挑む価値がある目標と言えよう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ