完成形は“ゴール量産型MF” シャビ&イニエスタ役までこなすメッシの脅威

スアレスと抱き合うメッシ photo/Getty Images

FWというよりMFの選手へ

右のウイングとして自在に仕掛けるフレッシュなアタッカーから始まり、ジョゼップ・グアルディオラの下でゴールを量産する偽9番として成長。そして年齢を重ねるごとにチャンスメイカーへ。

バルセロナFWリオネル・メッシは、相手からのマークが厳しくなる中で巧みに役割を変えてきた。

今がその完成形なのだろうか。スペイン『MARCA』は今のメッシのことを「ゴールスコアリングMF」と呼んでいる。

転機の1つはルイス・スアレス、ネイマールとプレイした2014-15シーズンかもしれない。

ルイス・エンリケに率いられたMSN軍団はゴールを量産し、見事に3冠を達成。メッシも多くのゴールを奪ったが、それと同時にスアレスとネイマールの得点力を引き出す役割も担っていた。チャンスメイカー色が強くなり始めた時期と言ってもいいだろう。

チームもMSNの記憶が残っているためか、ネイマール退団後も得点力のあるアタッカー獲得へお金を投資してきた。

上手くいっていないが、ウスマン・デンベレやアントワーヌ・グリーズマンらがそうだ。メッシを活かすのではなく、「活かされる」側の選手獲得に力を入れてきたのだ。

また同メディアは、シャビ・エルナンデスとアンドレス・イニエスタの退団も影響したと見ている。

2人が抜けたことで攻撃の創造性は落ちてしまい、その役割をメッシが強引に担ってきた。ゲームメイク、チャンスメイク、フィニッシュと、メッシに求められる仕事はとにかく多い。

それもあってか、同メディアもメッシがFWよりMFに近い選手へ変わったと分析している。大量得点を奪える超攻撃的MFこそ、メッシが辿り着いた理想の形なのだろうか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ